ワークマンで新しいジョギング用のシューズを買った 

ワークマン アスレシューズハイバウンス

スポンサーリンク

新しい靴を買った

新しい靴を買った。
なんとなく新しい靴が欲しかったけど今まで履いていた靴もまだ履ける、けどもう古い・・・。となんとなく悶々としていた。

いろいろネットを漁っていたらなんか面白い記事が目に留まる。
あの作業着のワークマンでジョギングシューズを作っているらしいのだ。
値段はなんと1900円!
しかも性能も値段の割にはかなりいいとのことで気になって仕方ない。

スポンサーリンク

買ったのはなんとワークマンの靴

その名もワークマン アスレシューズハイバウンス
サイトはコチラhttps://workman.jp/shop/g/g2300053552159/

ただ値段の割にはというのが引っ掛かる。
でもYOUTUBEなんか見てるといろんな人が検証しているし、あの森脇チャンネルでもなかなか高評価だった。
数年前から駅伝などで流行っている厚底シューズのワークマン版。果たして・・・。

スポンサーリンク

アスレシューズハイバウンスって何だ?

ソールにワークマンが独自に開発した高反発ソール「BounceTECH」(バウンステック)を搭載したスポーツモデル。

自分はここ数ヶ月でジョギングデビューした超ビギナーだから詳しいことは、ネットにいろいろな人がアップしているのでそちらを参照してほしいのだけど、
まず形が面白い。

アスレシューズの構造

ソックス形状というらしいのだけどアッパーが一枚のシートでできている。
ふつうのスニーカーって足の甲を覆うベロがあってその左右にあるパーツで靴ひもを使って締め付けるんだけど、それがない。
製造コストダウンにも一役買っていると思われる。それでこの1900円という価格が実現できるのだろう。
で、そういったパーツがないので締め付けが何となく甘い。ぎゅっとできないのだ。

ソールの形状とグリップ力

ソールはWMWMWMWMW・・・・ワークマン(笑)
なかなか洒落が効いているがこのソールが滑らない、グリップ力がある。
雨の日は走らないので濡れた白線や駅の階段などで試す余地はないが、グリップ力については評判がいい。

今までのシューズと比べてみる。少し小さい。
前述したソックス形状のためサイズピッタリめで履いたほうがしっくりくる。普段25.5~26㎝を選ぶのだけど、このシューズは試し履きを何度もした結果25.5㎝に落ち着いた。

試し履きをした

購入して家に帰り試しにウォーキングしたのだけどなんか落ち着かない。足が泳いでしまうのだ。
締め付け力が足りない。けれど構造上どうにもならない。そこで

1900円のシューズに高いインソールはなんだか負けた気がして気が進まないのでダイソーで中では一番厚みのあるカップインソールを買ってきた。
ダイソーは任意の大きさに切って使うタイプ。

試しに純正の赤いインソールのままダイソーインソールを突っ込んで歩いてみた。
き、きつい・・・・。
最初はよかったけど圧迫されて血行が阻害される。
純正の赤いのはボンドで一部とまっているので破れないように、かすが残らないようにそーっと剥がしてからダイソーインソールを挿入した。

走ってみた

走ってみたところソールの柔らかさがありよく進む。
本気の人からすると反発力がなく弾まないから推進力がないらしい。
けど自分からすると衝撃を吸収してくれるから走りやすかった。
そしてペースが上がった。普段ペースを見ると1キロ当たり6:20より早くはない感じだったけど、このシューズだと6分を切るくらいのスピードで走れることが多かった。
トータルでもキロ6分くらいで走れた。初日から8キロ以上走れた。けどなぜかとても疲れて次の日は4キロちょいでやめてしまった。なれないシューズのせいか太ももが筋肉痛。いままでジョギングしても筋肉痛にはならなかったから走り方が変わったのかもしれない。
筋肉痛になるということはその部位を使っている証拠だ。太ももの大きい筋肉が発達すればさらに基礎代謝もアップする。もしもっと長く走れるようになれば必然的に消費カロリーも増える。ビールを気にせず飲めるということだ。気にしてないけど。

おろして次の次の日、3回目のジョギング

2回目のジョギング。
この日は休日ということもありゆっくり長めに走ることにした。ジョギングコースは緊急事態宣言中でも多くの人が走っているので、そこは避けて人通りの少ない市街地を走る。信号待ちなどでペースを落とさざるを得ないシーンも多々あるが、それでもなんと10キロ走り切ったし全体のペースも1キロ当たり6分11秒。
この数値を見てこのシューズがすごいなと感じる。
筋肉痛の影響もほとんどない。やはり新しいシューズでバランスが崩れただけのようだ、すぐになれるだろう。
値段はよくわからないが今まで7キロ走ると膝が痛くなってしまったがそれが10キロ走れたなんて感動。それが1900円なんてすごい!
もっと高いシューズだとどれくらいすごいのだろう?といってもそこまで大きな差はないだろう。

おまけ

靴ひもを変えようと結び目を解くと「父」の文字が。
子供に「これはお父さん専用なんだよ」というと真に受けていた。(笑)

靴ひもを変えようと100均で120㎝の伸びる靴紐を購入した。
長かった・・・・
100㎝があればその方がよさそうだ。今度見つけたら買ってみよう。