トカラノコギリクワガタとアマミノコギリクワガタ

トカラノコギリクワガタ

トカラノコギリクワガタ

トカラノコギリクワガタがまたまた羽化。
今年のクワガタはなかなか調子よく、蛹から☆になるものはゼロ。
ノコギリクワガタのオスは3頭すべて大歯の水牛型で迫力満点。
ノコギリクワガタはマット飼育。ネットで買った発酵マットを使用した。


800ccのクリアボトルに固詰めして単独飼育。マットの交換は2回だったかな?

オオクワガタも5頭と少ないけど4頭はオスx2、メスx2が無事に羽化。


オオクワガタにはこちらの菌糸ビン。サイズはそれほどでもないけど無事に羽化してくれただけで感激。
あとの1頭が何故かまだ幼虫。どうなることやら。

トカラノコギリクワガタは鮮やかな赤というかオレンジに発色してとてもきれい。ギターでいうとサンバーストのグラデーションが特徴。

ノコギリクワガタは羽化時期によって、というか個体によって活動時期が来年にずれ込むことがあるので、いつ活動開始するのか読みづらい。

アマミノコギリクワガタ

アマミノコギリクワガタ

アマミノコギリクワガタも羽化を確認。ボトルの横から見えた。
数日待ってから掘り出す。

アマミノコギリクワガタ

出たー

アマミノコギリクワガタ羽化

まだ皮をかぶっている。早すぎたか?

アマミノコギリクワガタ

なかなかの大迫力。
ただどういうわけかオレンジ・・・・トカラ?
そんなはずはない。しっかり分けていたんだし。まだ羽化直後だから色が落ち着いていないだけだとか、そういう個体もあるということであれば安心なんだけどな。

も少し見守りましょう。