【ロードバイク】BB=ボトムブラケットを交換したら平均速度が上がった!

ボトムブラケット交換
BB=ボトムブラケットを交換する

先日パキパキ音が止まらず原因はここにあると判断して、注文したBB=ボトムブラケットとつけ外し工具が届きましたよ。パキパキの原因はここではなかったのだけれどせっかく買ったので早速交換してみた。

購入したボトムブラケットと専用ツール

ボトムブラケット
BB=ボトムラケット+つけ外しの専用工具

専用工具を使い取り外していく@クランク編

アームを固定しているヘックスのボルトを緩めたのち、画像の星型の特殊工具でキャップを緩める。それほど強いトルクで締っているわけでは無いから、こんな樹脂の工具でいいんだね。っていうか何故こんな形状にする必要があるの?普通に6角にしておいてくれたら工具を一つ準備する必要がなくなるのに。盗難防止とかなのかな?でもこの工具自体も買おうと思えば簡単に手に入るし・・・・。謎パーツ。

緩めます。

ここに抜け止めのプレートがあるので起こします。

こんなかんじ。抜けてしまうわけでなく起こす感じで。

キャップを外して

引っこ抜く。
汚い!!
先日パキパキ対策で潤滑剤吹いたから汚れも呼び込んでしまったようだ。

ボトムブラケット交換
BB=ボトムブラケットを交換する

反対側へクランクを引っこ抜く!今回はすんなりいったけど固い場合はプラハンや木づちでこつこつやる程度で抜けてくるはず。

チェーンはあらかじめチェーンリングから落としておいた。

専用ツールを使い取り外す@BB編

締める方向に矢印が刻まれている。緩めるときは反対方向に回す。

着脱には専用の工具が必要となる。あらかじめ購入した。

DSC01821

かなり固く締まっていた。脚で踏んづけて何とか緩んだ。

劣化したグリスやごみが溜まっていたから掃除した。

購入したボトムブラケットを確認する

購入したのはこちら。

DSC01822

価格もリーズナブルで評判もかなりいいこちらにした。
性能と価格のバランスが良い。この上のグレードもあるが、価格も上がるのでBBR60が自分にはちょうどいいと思う。

内容物はこんな感じ。
変なプラスチックの部品がある。

ボトムブラケットを組付けする

この部品はこのように使う。
今までのBBに比べBBR60は外周が小型化されコンパクトになっている。その分軽量化されているようだ。アタッチメントが付属されているのは優しい。丸印が刻印されているのがわかるかな?これは何かというと・・・

オープンエンドの先端をこの印に合わせて使うようだ。強度が与えられているのかな?

クランクのシャフト部分にもグリスを塗っておく。潤滑ではなく防錆の意味合いが高い。

フレームより少し小さくなったけど気になるほどではない。
シルバーからブラックになった。なぜならブラックのほうが安かったから・・・。
でも引き締まって良いと思う。ぶっちゃけ目立つ部分でもないしどっちのカラーでも問題なし。
気になるのは締め付けトルク。
緩めるのに脚で踏んづけたくらいなのだから締めるのもかなりのトルクが必要だろう。
30~50N,m,だって。結構幅がある。このトルクにプラスチックのアタッチメントが耐えられるのだろうか?怖いし持っているツールではトルクの管理ができないので頑張って締めておいた(適当)

ボトムブラケット交換後の効果

そして効果はというと、なんと踏み込みの軽いこと。
ツルツルと違和感もなくスムースに回転しているのがド素人の自分にもわかる。

感情だけで話しても伝わらなので数値で出してみる。

交換前は平均速度時速21キロ台。いろいろな要因があるので一定ではないけれど平均値として参考になる。交換後は、

交換後は平均時速22.5キロ。伸びた!
実際、権之助坂という急坂も登るのが少し楽になった。きついのはきつい。ほんの少しだけど楽になったのでこれは費用対効果高い!専用ツールが必要なのがむかつくが、交換してよかったパーツの上位にランクインしましたね。
では!

DSC01822

DSC01821