【クロスバイク】ハブのグリスアップをしてみる

ハブメンテナンス

チェーンの清掃をするのでせっかく分解したのでハブのグリスアップを行う。

ハブのグリスアップ

ロックナットを緩める。中にボールが入っているので落としたりなくしたりしないように細心の注意を払いつつばらしていく。

ハブのグリスアップ

部品が細かいのでなくさないようにトレーを準備したほうが良いでしょう。

ハブのグリスアップ
ハブのグリスアップ

う、汚い。なんだか水分が侵入したような感じのドロドロ具合。ふき取った後点検したけれど錆は無いみたいだった。良かった、良かった。

ハブのグリスアップ

カップアンドコーン、玉受け・玉押しにグリスを詰めてボールを並べる。このあと手が汚れたので写真無し。
玉あたりの調整が難しい。
締めすぎるとゴリゴリする、締め足りないとガタが出る。両方ともクリアできるまで何度もやり直す。ここでも特殊な工具が必要となる。玉押しのナット部分が薄いので、普通のレンチではロックナットを締める際に当たってしまうため薄型レンチが必要となる。

自分はこの工具を購入。2面幅が両方15㎜だったのでマルチに4種類のサイズに対応して2枚入りなのでこれで充分だった。この工具に+モンキーレンチで対応した。

何度か繰り返しコツを掴みそれなりに納得いくところまで追い込めた。
チェーンを同時に洗浄したので、何ともスムース。これは気持ちいい。次の通勤が楽しみだ。

このほかにBB(ボトムブラケット)のグリスアップというイベントがあるが、それこそ特殊工具が必要で持っていないので、いつかやります。