【クロスバイク】チェーンクリーニングをする。

チェーンクリーニング

自転車のチェーンをばらして洗浄してみる

先日チェーンのクリーニングをしたのだけれど、洗浄剤が途中でなくなったりして、いまいちきれいになりきれていないのが気になって仕方ない。この車体にはミッシングリンクがついているから、それならばばらして洗えばきれいになるんじゃね?というわけで単独で洗ってみることにした。

買ったもの

メンテナンススタンド

こんなものを買ってみた。

まずは前から欲しかったメンテナンススタンド。

メンテナンススタンドの方は単品で良かったんだけど、単品だと3850円以上送料無料の対象外らしく、それならまあ使いそうなチェーンクリーナーと水置換潤滑スプレーのセットを選択。送料+αくらいの価格だったからね。あと今回のメインともいえるチェーンクリーナーBIcc-002クイックゾルブ。なんと洗浄と潤滑・防錆が同時に行えるのでめんどくさがりの私にはうってつけ。では行ってみよう!

と、その前にメンテナンススタンドを組み立てます。

AZ メンテナンススタンド

脚をこんな風にレイアウトして、棒を立てます。脚の長いほうが前です。

AZ メンテナンススタンド

両方挿して下のナットを先に締めます。じゃないとソケットレンチがないと締められなくなるのでもう一度やり直す羽目になります(経験者談)

AZ メンテナンススタンド
AZ メンテナンススタンド

分解開始する

でチェーンはというと。
この間洗ったばかりなのにこのありさま。き、きたない・・・・。

チェーン洗浄

外しにかかります。
チェーンカッターに付属していたフックを引っかけてたるませます。

ミッシングrリンクの分解

そいでもってペンチでガチンとやります。
※画像のペンチでは外せませんでした。外側のプレートより細いラジオペンチ等で作業しましょう。

ミッシングrリンクの分解

何度もずれて非常にやりずらかったので専用工具があると簡単みたいですね。

ミッシングリンク分解

ようやく外れました。

外したら瓶に入れて、

チェーン洗浄

AZクイックゾルブを投入。
ひー、いきなり汚い。シェイクしてしばらく放置。

チェーン洗浄

その間にスプロケも外しちゃいます。
専用工具でスプロケットを固定します。これがないとラチェットでいつまでも共回りしてしまい外れませんので、固定の上さらに溝にはまる専用のソケットをあてがい分解します。

クロスバイクのスプロケット清掃

自転車スプロケット

このような配列になっていました。それにしても汚いな。

いらないかと思っていたチェーンクリーナーが役に立ちました。ブシューっと吹き付け付属のブラシでゴシゴシ。隙間にウエスを差し込みふき取り、これを繰り返しきれいにしました。

スプロケット清掃

イイ感じ!

チェーンクリーニング
チェーンクリーニング

きれいになりました。そしてなぜか変速が少し不調になったので調整しました。

乗ってみたらこれがスムース。すいーって。空転させてみたらいつまでも回ってるんじゃ?と思うくらい(いつまでもは回りません)
潤滑成分がどれくらい残っているのかわかりませんが、自転車通勤で一回40キロ。週に2~3回行くと月に320km~480km。月に一回くらいは洗浄したほうが良いのかな?でも次回はガシャガシャやる何とかツールでサクッとやっても良いのかもしれない。で、たまに全バラ洗浄する。それがいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA