【自転車】ロードバイクのポジション調整

bianchi roadbike

前傾がきつくて乗りにくい

ロードバイク初心者ということもあり、前傾がきつくて乗りにくい。特に「てのひら」が痛くて困っている。ブレーキのアップグレードでかなり改善されたが、まだまだ体幹ができていないから乗りにくさはまだまだ。

てのひらが痛い

街を走っていると結構アップハンドルなロードバイクに乗っている人を見かける。色々なベテランライダーのブログや専門サイトを見ていたら、まずは自分の乗りやすいポジションで乗る楽しみを感じて、体幹ができて自然と前傾姿勢のほうが乗りやすくなってきたら、ポジションを見直せばいいと書いてあった。
そうか、ロードバイクというのは「前傾姿勢で乗ってなんぼ」という思い込みがあったけど、乗らされているわけじゃなく、自転車に乗るということ自体を楽しむ気持ち、それが大事なんだろう。

bianchi vianirone7

ハンドル位置を変更してポジションを変えてみる。

そもそも適正ポジションというものがあり、それを見たうえでの見直しが基本。
今回はステムを裏返してハンドル取付位置を嵩上げしてアップポジションにしてみる。

ステム自体は一番上に取り付けられている。そして概ね水平になっている。

bianchi vianirone7

まずはハンドルを外してステムをフリーにする。前面のボルト4本を外してクランプを取り去る。有線サイコンの配線が引っかかるのでそちらも外した。

ロードバイク ポジション調整
ロードバイク
ロードバイク ハンドル

Before After

こちらが作業前

bianchi vianirone7

作業後サドルとハンドル上部の差が少し縮まっている。見た目ではわかりづらいが。

bianchi roadbike

乗ってみた感想としては、やはり乗りやすい。前傾が大きく解消したわけでは無いが、よく言われる「体幹で乗る」というのがなんとなくわかってきた。体を丸くしてキープする。グリップには手を添えるだけくらいの握り具合。なるほどこういうことかと発見があった。なんとなくお尻が前に滑ってくる。これはビンディングシューズの導入かサドル位置の見直しすれば治るかな?でもこれで自転車通勤の頻度を上げられそうだ。