やっぱり買ってしまったサイコン

どこかに行ってしまったIGPSPORT GE20E。
スマートウォッチでいいかと思ったけど、走行中に腕を見るのは至難の業だし何より危ない。

現在時刻と距離、速度もたまにだけど見る。
この情報が一つの画面に表示されている安心感。

もういらないかもと思ったけど、ないとすごく不便。

IMG_20190415_205340_045

こんな感じ
左上には走行中のスピードが表示。
サイクルコンピューター
2段目に現在時刻
3段目に走行距離
この表示があれば良し。
あるのとないのでは大違い。
GPSを補足しているのでログをPCに取り込んでストラバにアップロードすればマップに表示できるのだ。

このGPS搭載というのがとても便利で、センサーがいらない。
あのスポークにマグネットを取り付けてフォークにセンサーをつけて隙間を調整して、配線を這わせて・・・というものがいらなくなる。センサーがいらなければあのかっこ悪い配線も不要。見た目すっきり。
GPSでデータを取得しているので本体にもそのデータが蓄積される。それがSTRAVAなどでマップ表示されどのようなルートを通ったかが後から確認すると案外楽しい。
ルート的に人混みや長い信号で詰まってしまうルートを見直すのにも便利。
もう手放せないサイコン。
もちろんもっと良いものはあるけど、6000円程度でGPSサイコンが買えるなら一度試してみたらいいかも。