携帯式浄水ボトルで水道水飲んでみたら、思いのほかよかった。

昨日浄水ボトルのことを書いて

その後注文したのがもう届きましたよ。早いなぁ。

結局買ったのはDAFI
結局本体価格とフィルター価格とサイズ感等考慮した結果ここに落ち着いた。

いままで水を買う時は、家族で出かけるときはもったいないからと大きいボトルを買ったりしていたのだけれど、これが重くてたまらない。
重いからと無理に飲んだりして。

浄水ボトル

構成パーツ
ボトル、キャップ、フィルター、取説。
ブリタ

蓋を閉めて横にしたり押したりしたけど漏れてはこなかった。
ボトルは柔らかめだから強く押しつぶしたりしたらどうなるかわからない。

まずは洗浄。フィルター以外は中性洗剤等で洗う。
その後水を半分ちょっと入れてフィルターをセットしてシェイク。特に汚い水は出ない。
そして飲み口のロックを外してから、ボトルを押して水を排出。お、黒っぽい水が出た。2,3回やると出なくなった。念のためボトルの水がなくなるまで繰り返した。

Dafi

透明キャップを上げると1段上がる。ちょろちょろ出る。
もう一段引き上げるとジョバーってでる。押すと出るから飲み口に口を付けずに飲めるから衛生的。

DAFI

で、飲んでみた。
ダフィ
水自体は同じ水道水。もちろん浄水器を通さない水。
普段飲むときは浄水器だから、蛇口から出す水を飲むのは初めて?くらいの経験だ。
飲んでみるとカルキ臭い。
え、こんななんだ。浄水器ってちゃんと仕事してたんだね。えらい。

そしてDAFI
ん?

あれ?

いいかも!

薬品ぽさがなくなってる。

フィルターを1か月で換えるつもりがないから、替え時が難しいな。



フィルター二本で2000円弱。
1本1000円くらいだとして2か月で交換すると500円/月。うーんこれだとまだ高いなぁ。
もう少しランニングコストを抑えたい。
でも、もし1日一本水を買っていたとしたら経済的だし何よりペットボトルのごみが出ずにエコ。効果はお金だけじゃないってことだ。
自転車通勤にこれから水分補給の頻度が上がるからしばらく使い続けよう。