SIMサイズ変更!

いよいよ4年落ちのスマホの処理能力が限界になりつつあるようで、バッテリー持たず1日に2回充電、アプリを立ち上げるにも時間がかかってイラつくようになってしまった。ただこれは本当に端末の問題なのか確信はない。さらに最近中国製スマホのバックドア問題などが報道されていて格安スマホはなんとなく怖い。そこで今使っているのがXPERIAということもあり中古を探す。
中古ショップも物によっては安いのだが良いものは早々に無くなるようであまり魅力のあるものはない。
やはりここは個人売買だろうとなりオークションサイトで探す。良いものはどんどん上がる。あーめんどくさい。数日間徘徊していたら2年落ちの良さそうなものが即決で出ていた。気になるところを質問してクリア。購入へ。

ただこの端末のシムサイズがナノSIM。今までのシムはマイクロSIM。合わない・・・。ま、わかっていたけどね。
DSC_2017
今契約しているIIJMIOは定期的にシムサイズ変更手数料無料キャンペーンを行っているので、それまで待とうと思っていたが、なかなかキャンペーンがない。それに無料と言っても変更手数料(2000円9だけで、SIMカード発行手数料(394円)はかかる。そしてカウンターで即日発行すると1000円、郵送で依頼すると即日発行手数料はかからないが不通になる空白の時間が発生する。うーん、いろいろめんどくさい・・・。

DSC_2015-1632x1224
そこでこんなものを買ってしまった・・・・・
シムカードを穴あけパンチの要領でパチンとやって切り取ってしまうやつ。
これならこの機械の代金だけで手数料や空白の時間も生まれない。
ただかなり賭けの要素が高く、調べたところ失敗する人もちらほら。失敗すると・・・・想像通り通信不能に。そうなったらシムカード再発行すればいい。手数料等がっつりかかるけどね。なんだか安く上げる意味がなくなっている気が・・・・。

DSC_2016
なるべく金属部分を残すように位置合わせする。左に寄っていたので付属していたやすりで右端を何回に分けて削り形を微調整。ある程度納得いくところまで調整した。失敗すると中のICチップを破損してしまうのだ。

DSC_2018
位置を合わせたら思い切りよくバチンと行く。
かなり緊張と不安がいりまじり、思い切りよくいくまでが長い。

上のほうの金属切れてるし大丈夫なのかかなり心配。
切り口も荒いのでやすりで整える。SIMトレーに入るように微調整を繰り返す。

そして緊張の一瞬。

SIM読み込み成功!!!よかった~。一安心。

これからデータ移行の試練が待っている。

あーめんどくさい。


ちなみに買ったのはこれです。