スマートウォッチ(AMZFIT BIP)プロローグ。格安スマートウォッチ考察と購入まで。

最近自転車は遠くまで行けるけどカロリー消費が少ないのではないかと疑念がわいている。
そこで自転車通勤と週末の朝にジョギングして2WAYでカロリー消費をしようと心がけている。そうすれば違う筋肉を刺激して消費も相乗効果でアップするような気がする。
そのモチベーション維持に一役買っているのがログの記録だと思う。やはり今日は何キロ自転車に乗ったとか、今週はどうだったとか積み重ねて視覚化されるとやる気が出て継続することができる。
スマホを格安SIMにしてからGPSの入りが悪く、そこで
サイコンをジョギングにも使うことにした
これはこれで良かったけど少しの不満があった。それは現在の状況、例えば「今1キロ通過した、ペースは1キロ当たり何分」とかのお知らせがない。これがあると「あ、気づかなかったけどペースが遅いな。もう少しペース上げよう」とか「あ、少し遅いな。疲れがたまってるな」とかわかるわけ。自転車だとチェーンの掃除やグリスアップしなきゃとかなる。
そんなことを調べていたらスマートウォッチというのがあるのを知ったのだ。
有名どころではアップルウォッチ。ただこれは高い。本当に使えるのか?欲しい機能があるのか?使い勝手はどうか?そういった部分がグレーでクリアになっていない時点でこんなに高額な出費の余裕はない。というかクリアになってもこんなに出せない。そして夜な夜な調べた結果中国製のスマートウォッチ分野が熱いということが分かってきた。
まずはスマートバンド。

こちらはスマホと連動して使うタイプ。軽く細いのでつけている感が少なく気軽に運用できる。

スマートウォッチ

通知領域や項目も多くより高度。

というわけでスマートウォッチにする。
はじめは丸いフェイスの、より時計らしいものを中心に探す。
ガーミン、エプソン、プロトレック・・・・高杉。無理。

やめた四角いフェイスで妥協しよう。
基準はGPS、これは必須。でないとログ取れない。スマホのGPSを参照するのもダメ。そもそもがスマホのGPSに不満があったからなので。脈拍の測定はしたい。健康診断で不整脈を指摘され不安なので。スポーツモードを選べるもの。ジョギングと自転車通勤を併用するので。

というわけで(どういうわけだ?)ちょっと飛びますが
AMAZFIT BIP

これにしました。
さて購入は中国のサイト。これがなかなかやきもきさせられる結果に。
長くなったので次回に続きます