雪が降った、ひさしぶりに。
いまだに雪がふるとワクワクしてしまう。都会育ちだからね。
雨より雪の方が出かける気になる理由にびしょびしょになりにくいというのがあると思う。歩いててもまだ溶けていない雪は洋服についても落ちる分もあるから雨よりびちょびちょにならない。だから良い。
今ヒサシブリにはまっているドラマがある。


それは白夜行である。もういきなりやられた。
初回は2時間スペシャルで幼少期というかこの悲劇?の始まりをやっていた。
もう見たくない、見てられない。とおもったが第二話も見てしまった。おそらく最後まで見てしまうだろう。
このドラマの主題歌にぴったりな曲がある。一リットルの涙の主題歌「粉雪」(レミオロメン)だ。
だって冒頭は雪が降っていたしいつもすれちがったし、それでも同じ空見てたし・・・・。歌詞も曲の雰囲気もなにもかもぴったりなんだよ。ぜひこの曲を聴きながらドラマを見て欲しい。